2008年02月17日

モーヴァン

large-photos04.jpg


ジャンル : ドラマ
製作年 : 2002年
製作国 : イギリス
時間 : 97分
公開日 : 2003/03/08
監督 : リン・ラムジー
製作 : ジョージ・フェイバー/チャールズ・パティンソン
製作総指揮 :レニー・クルックス/アンドラス・ハモリ
脚本 : リン・ラムジーリアナ・ドニーニ
原作 : アラン・ウォーナー
撮影 : アルウィン・H・カックラー
出演 : サマンサ・モートンキャスリーン・マクダーモット/レイフ・パトリッ ク・バーチェル/ダン・ケイダン



《ストーリー》

クリスマスの朝、恋人が自宅で自殺していた。
ウォークマンと彼が編集したミュージックテープは彼からの
最後のクリスマスプレゼント。彼の机の上。パソコンの中には遺書があった。
「僕の小説を出版してくれ。君のために書いた」。
彼の最後のメッセージを読んだモーヴァンは表紙の著者名をおもむろに
自分の名前に書き換え、出版社に送った。
床に転がったままの彼の死体。そして、モーヴァンのとった行動は…。

                              

評価  ★★★☆☆☆☆☆☆☆



『モーヴァン』関連商品(詳細は画像&タイトルをクリック)

モーヴァン
モーヴァン

モーヴァン
モーヴァン

モーヴァン (BOOK PLUS)
モーヴァン (BOOK PLUS)


【感想】

映画館で観ていたら確実に爆睡してたと思います眠い(睡眠)
私はどうもこの手の映画は合わないみたいですあせあせ(飛び散る汗)
朝から観たにもかかわらずうとうとしてしまいました。

2333037667.jpg

冒頭から恋人が死んだ所までは、これからどのように
ストーリーが進んでいくのだろうと興味をそそられたのですが・・
インパクトがあったのは最初だけ。

恋人の死も全く後の展開に生かされず、だらだらと
旅行のプライベートビデオを見せられている気分でした。

2986088490.jpg

恋人が死んだ事を隠し、死体を埋めてしまうモーヴァンの
気持ちもあまり理解できないし、全体を通して何を
言いたかったのかさっぱりわからなかった。

恋人の小説の著者名を自分の名前に書き換え、出版社に送り
大金を手にするまでは多めに見たとしても、その後の行為が
勇気を出せという恋人のメッセージが無駄にしている
気がします。
これでは恋人も浮かばれないでしょう・・

前向きに生きようというメッセージが込められているみたい
なのですが・・!?
自由を求めているのはいいが、何も考えず行動しているようにしか
見えず、私には前向きさがあまり感じられませんでした。

large-photos01.jpg

ヒロインに全く共感出来なかったので、全編を通して
客観的に観てしまいました。

アーティスティックな物を好む人にはいいのかも知れませんが、
私は音楽も含め好みではありませんでした。

large-photos03.jpg






ひらめき今回のピックアップ俳優
        
        サマンサ・モートン


3550336613.jpg

インパクトのある女優だなとは思います。
虚脱感のある現代の若者をうまく演じているとは思いますが、
役柄には共感出来なかったので、他の役柄で観てみたいです。



よろしければぽちっとお願いしまするんるん
人気ブログランキングにほんブログ村 映画ブログへ




posted by ぼちぼち at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋画ま〜も | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白そうだけど評価は低いんですね。
Posted by mac at 2008年02月19日 22:40
>mac様
コメントどうも有難うございます^^
たぶん好みで評価がかなり分かれそうな映画だと
思います。
この映画が好きな方も結構多いみたいですよ。
私の感想はあまり当てにならないので^^;
機会があったら一度観られてみて下さい^^
macさん、いつも足あとのみですみません!!
ブログ更新楽しみにしてま〜す☆


Posted by ぼちぼち at 2008年02月20日 11:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73405047

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。