2008年01月01日

ルル・オン・ザ・ブリッジ

3684131542.jpg


ジャンル : ラブストーリー
製作年 : 1998年
製作国 : アメリカ
時間 : 104分
公開日 : 1998/12/19
監督 : ポール・オースター
製作 : ピーター・ニューマン
脚本 : ポール・オースター
出演 : ハーベイ・カイテルミラ・ソルヴィーノウィリアム・デフォージーナ・ガーション




《ストーリー》

ジャズ界では有名なサックス奏者イジーがクラブ演奏中に銃弾を胸に受けた。
片肺を無くしたため演奏が出来なくなり、絶望のどん底にあえいでいたが、
ある日、路上で頭を銃で撃ちぬかれている死体を見つける。
近くに置かれていた鞄を持ちかえったが、その中に不思議な石を発見する。
それは、暗闇の中で光り、空中に浮く不思議な石だった。
鞄の中にあったハンカチに書かれた名前のセリアを訪ね、一緒に石の不思議を
目の当たりにすると突然2人は惹かれあってしまう。
離れられない間柄になるが、セリアに新作映画のヒロインに選ばれロケ地に旅立ってから、
イジーは石を追っているヴァンホーに監禁される。                              

評価  ★★★☆☆☆☆☆☆☆



『ルル・オン・ザ・ブリッジ』関連商品(詳細は画像&タイトルをクリック)

ルル・オン・ザ・ブリッジ
ルル・オン・ザ・ブリッジ

ルル・オン・ザ・ブリッジ
ルル・オン・ザ・ブリッジ

ルル・オン・ザ・ブリッジ
ルル・オン・ザ・ブリッジ



【感想】

一言で言うと意味不明。
評価が賛否両論分かれたらしいのですが、私はちょっと・・
何を言いたいのかが全く分からないまま終わってしまいました。


不思議な石を拾った事からセリアと出逢うのですが、
一緒に不思議な石を見ているうちに、いきなり

”急にこれからの人生を君と過ごしたい”
”君のために死にたい”

などと言い出す始末。

mv20_1.jpg

不思議な石の力なんでしょうか??
よくわかりません・・


ハーベイ・カイテルは渋くて哀愁漂うおじさんをうまく演じているし、
ミラ・ソルヴィーノは夢見る女優の卵をキュートに演じているんだけど・・
この二人とても愛し合うような関係には見えないんだよなぁ〜

ウィリアム・デフォーが不思議な石を追っている男を演じているけれども、
結局この男は何者だったのか、疑問が残ったままだし。


何が現実で何が幻想なのか最後まで分からないままで
もやもやしたまま終わってしまった。

私は希望や夢を持ち続けると願いは叶うという事を言いたいのだろうなと
思いながら観ていたんだけど、ラストであれれ??
なんか話が違う方向にいっちゃった!!

現実を大切にって事ですか??




ひらめき今回のピックアップ俳優
        
        ジーナ・ガーション


mainpic.jpg


ショー・ガール』で観たときにすごくインパクトがあって
かっこいい女優さんだなぁ〜と思ったのが最初です。
今回は地味な役柄であまり登場しないけど、
味があっていい感じです。


話は全く変わって余談ですが・・
セリアを演じているときのミラ・ソルヴィーノって
和久井映見に似てませんか!?




よろしければぽちっとお願いしまするんるん
人気ブログランキングにほんブログ村 映画ブログへ




posted by ぼちぼち at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画ら〜ろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。