2007年12月01日

ダークシティ

ダークシティ


ジャンル : SF
製作年 : 1997年
製作国 : アメリカ
時間 : 100分
公開日 : 1998/11/
監督 : アレックス・プロヤス
製作 : アンドリュー・メイソン
製作総指揮 : マイケル・デ・ルカ
脚本 : アレックス・プロヤス
撮影 : ダリウス・ウォルスキー
音楽 : トレヴァー・ジョーンズ
出演 : ルーファス・シーウェルウィリアム・ハートキーファー・サザーランド



《ストーリー》

太陽が昇らない漆黒の街。何者かによって記憶を奪われた
ジョン・マードックは、自分が連続殺人犯として追われている
事を知り愕然とする。自分が何者かも分からないまま
追い詰められていく彼の前に、やがて正体不明の男が現れる。
                              

評価  ★★★★★★☆☆☆☆



『ダークシティ』関連商品(詳細は画像&タイトルをクリック)

ダークシティ
ダークシティ

ダークシティ (新潮文庫)
ダークシティ (新潮文庫)


【感想】

マトリックスの先駆的作品だそうですが、私マトリックス
観たことがないのでちょっと比較出来ないけど・・
一度TV放映されていた時に観ていたけど話がさっぱり
分からなくて、又、改めて観よう思ってそれっきりですあせあせ(飛び散る汗)
まぁ〜、どちらも理解しづらい事は確かです。

4213177396.jpg

ダークシティというタイトル通り暗闇の世界なので
映像が暗くて分かりづらい部分もありました。


前半は、異星人が意図することはなんとなく分かるけど、
ストーリーが少々難解で頭の中がこんがらがってしまいました。
後半は徐々に謎も解けつつSFXも見ごたえがあり、
スピーディーな展開でそれなりに楽しめました。

いかにもセット作ってますみたいな感じで
アトラクションの世界にいるような気分になりますよ。


4214708171.jpg

ラストは一応ハッピーエンドになるんでしょうね??
私が主人公だったらちょっと救われない気持ちに
なりますけど・・
結局自分がどんな人生を歩んできたのかわからないなんて。


ルーファス・シーウェルはいかにも殺人犯に間違えられそうな
どこにでもいそうな感じが役に合っていたかな。

ジェニファー・コネリーはいつ見ても美しい。
クラブ歌手の役だけど歌声もろ吹き替えだよね!?

キーファー・サザーランドはあのジャック・バウアー
ような機敏さ??はなく、ださださの博士役。
しゃべり方になかなか味が出ていました。
ks.bmp




ひらめき今回のピックアップ俳優
        
  闇の異星人の皆さん

3014267676.jpg
全員スキンヘッドに同じ格好。
こんないでたちの人がうじゃうじゃといらっしゃったら
誰が誰だかさっぱり区別つきませんあせあせ(飛び散る汗)
年取ると!?皆同じに見えちゃうんですよ!!
子供とお爺さん(ブック様)だけはかろうじて
分かったけど・・



よろしければぽちっとお願いしまするんるん
人気ブログランキングにほんブログ村 映画ブログへ




posted by ぼちぼち at 14:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋画た〜と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダークシティ見てみたいと思ってました。今度見てみようと思いまーす★
それからこの間見た『ラブソングができるまで』(DVD)も結構面白かったデスよ!!
よかったら見てみてくださいね〜(*^。^*)
またのぞきにきます♪
更新楽しみにしてますネ(●^o^●)
Posted by オグリキャップ at 2007年12月18日 19:38
おぉ〜、コメント有難う!!
ダークシティ割と面白いです^^
ラブソングができるまで私も観たいと思ってました。
今度観てみま〜す!
頑張って更新するので時々遊びに来てね★
Posted by ぼちぼち at 2007年12月19日 09:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69351252

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。