2006年05月05日

いつか誰かが殺される

いつか誰かが殺される


ジャンル : サスペンス
製作年 : 1984年
製作国 : 日本
時間 : 97分
公開日 : 1984/10/10
監督 : 崔洋一
製作 : 角川春樹
脚本 : 高田純
原作 : 赤川次郎
撮影 : 浜田毅
音楽 : 梅林茂
出演 : 渡辺典子古尾谷雅人白竜加藤治子



《ストーリー》

財閥・永山家では毎年、家長である志津の誕生日に一堂に会して
賭けに興じることになっている。今年の趣向は、実在しているかどうか
分からない人物を探し出してパーティーに招待しようというもの。
子供達の名前の一文字をそれぞれとり、また、夫が死んで
18年ということでモリヤアツコ、18歳なる人物を志津は選んだ。
早速、探偵・橘進之介が派遣された。
その頃、守屋敦子は、高校生活最後の夏休みを迎えていた。
新聞記者をしている父・洋一とのデート中、高級ブランドが並ぶ
ブティックで試着室を出た敦子の前から、父の姿が消えた。
ブティックの店長・高良和夫をツケ馬にして彼女は帰宅したが、父の姿はない。
不信を抱いた敦子は、新聞社を訪ねてみるが、やはり不在。
編集長の山形は、「お父さんから、何か預からなかったか」と問う。
帰り際、敦子はバッグの中に小さなフロッピーディスクを発見。
その足でクラスメイトのパソコン少年・渡壁正太に解読を頼んでみる。
敦子が帰宅すると、部屋中荒らされており、男女の二人連れが飛び出して行った。
翌日、再び敦子が新聞社を訪れると、新聞社はつぶれていた。
                              

評価  ★★☆☆☆☆☆☆☆☆



『いつか誰かが殺される』関連商品(詳細は画像&タイトルをクリック)

いつか誰かが殺されるいつか誰かが殺される
渡辺典子 古尾谷雅人 斎藤晴彦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4047710016いつか誰かが殺される―長編サスペンス
赤川 次郎
角川書店 1983-12

by G-Tools


B00005HEY8いつか誰かが殺される
サントラ 渡辺典子 白竜
Project-T 1998-09-25

by G-Tools



【感想】

角川三人娘の一人渡辺典子の主演映画です。
私は薬師丸ひろ子派だったので渡辺典子主演の映画は今回が初めてだったのですが・・
う〜ん、これは・・と言葉に詰まるような内容で・・
今回たまりにたまったDVDの整理をしようとこの映画を観たのですが、観てよかった!
ひとつDVDの空きが出来ました^^;

父親の失踪とともに渡辺典子扮する主人公が事件に巻き込まれていくのですが、
どんな風にストーリーが展開していくのだろうとわくわくしながら観ました。
結局なんのひねりもなく一人殺されたところで終わり!
あれは解決したことになるのでしょうか??
『いつか誰かが殺される』ってタイトルつける程のサスペンスでは
ないと思うのですが!

渡辺典子のバイク姿も似合わないし、バンドに合わせて歌う
ブルース?も声質と合ってないので全く様になってないです。

唯一面白かったのは父親が握っている情報が入ったFDを
探すために付け狙う男女二人組の女性が、バイクに乗った渡辺典子を
すごい走り方で追っかけてくるシーン。
ターミネーター2』に出てくる悪役ターミネーターかと思いました^^

渡辺典子の相手役にはブティックの店長役に古尾谷雅人、
クラスメイトのパソコンおたくに尾美としのりが出演しています。
どちらも好みの俳優じゃないので大した感想もないのですが・・
尾美としのりはちょっと変態チックな役がうまいですよね〜
当時はパソコンの事マイコンって言ってたんですよね!
時代を感じるなぁ〜
古尾谷雅人と渡辺典子のキスシーンは『探偵物語』の
薬師丸ひろ子松田優作並の身長差でした。
かなり体が折れ曲がっていてしづらそうでした^^

ところで、財閥永山家の方々はこの映画に必要だったのでしょうか!?


ひらめき今回のピックアップ俳優
        
        石橋蓮司

本当は女ターミネーターをピックアップしたかったのですが・・
エンドクレジットを見ても誰なのかわからず断念^^;

石橋蓮司は財閥永山家に依頼された探偵の役。
普段の怖いイメージとは違って、悪い奴と勘違いされて
とばっちりを食う間抜けな役柄なので可愛らしく見えました。


よろしければぽちっとお願いしまするんるん
人気ブログランキングにほんブログ村 映画ブログへ







posted by ぼちぼち at 19:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ターミネーター2
Excerpt: ターミネーター2『ターミネーター2』(''Terminator 2: Judgment Day'' )は1991年のアメリカ映画で、SF映画。「T2」(ティーツー)と略されて呼ばれることもある。土曜プ..
Weblog: 映画の缶詰
Tracked: 2006-08-08 09:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。