2006年03月29日

ウォーターズ

C0000644_0.jpg


ジャンル : 青春
製作年 : 2005年
製作国 : 日本
時間 : 108分
公開日 : 2006/03/11
監督 : 西村了
製作 : 宇野康秀
脚本 : 岡田俊平
撮影 : 栢野直樹
音楽 : Jin Nakamura
出演 : 小栗旬松尾敏伸須賀貴匡葛山信吾

かわいいウォーターズ公式HP


《ストーリー》

ストリートパフォーマーのリョウヘイら、それぞれ過去に失敗や挫折を味わった7人は、
心機一転、ホストクラブの就職面接を受けた。その結果はなんと全員採用!
しかしいざ出勤してみると、クラブ店内はカラっぽの状態。保証金を預けた店長もいない。
その場に居合わせたオーナーとその孫のチカに詰め寄った彼らは、オーナーと同様に、
自分たちも詐欺にあったことを知らされる。途方に暮れるリョウヘイたちだったが、
チカの提案で、0からクラブを立ち上げることを決意する。
そして新たなホストクラブ「DOG−DAYS」がオープンしたのだった。
                              


評価  ★★★★★★☆☆☆☆



『ウォーターズ』関連商品(詳細は画像&タイトルをクリック)

ウォーターズ
ウォーターズ


ウォーターズOfficial Photo Book
ウォーターズOfficial Photo Book


Backstage of ウォーターズ
Backstage of ウォーターズ



【感想】

『ウォターズ』というタイトルの通りホストクラブを題材にした映画です。
ホストクラブの面接に来た七人が、店長と偽る男に保証金をだまし取られたことから
クラブ「DOG−DAYS」をオープンする所からストーリーは始まります。
しかし、「DOG−DAYS」はの内装はださださ、ホストたちは
全員初心者のため全く客が入らない始末。


まずこの映画の見どころは7人の“イケメンホスト軍団”
    小栗旬       松尾敏伸      須賀貴匡
    葛山信吾      森本亮治      桐島優介
    平山広行

この映画を観に行かれる方はイケメン俳優目当てで行かれる方が
多いのではないでしょうか!?
それぞれがなかなかいい味を出していました。

7人のホストたちが立派なホストに成長していくまでの奮闘振りが
かなり笑えます。

リョウヘイがストリートパフォーマーだった頃
唯一の客だった女性社長役で真中瞳が出演していますが、
トップに上り詰めた若手IT社長ととしては些か風格が感じられませんでした。

それからホストクラブのオーナー役に原田芳雄、その孫娘役に
成海璃子が出演していて、二人の存在が映画にほのぼのとした
雰囲気を与えています。

成海璃子扮するチカと七人のホストとの関係は白雪姫を
イメージしてあり、チカはホストたちのことを
『7人のドワーフたち』と呼んでいるのですが
この言葉がラストでちょっとしたキーワードになってきます。
でもこれ以上はネタばれになるのでこの辺で・・

タイトルからしてホストクラブの内幕物かと思いがちですが、
全く異なった爽やかな青春映画という印象を受けました。

映画の内容はありきたりですが、こてこての笑いあり、
アットホームな暖かさありすごく楽しめる映画でした。



ひらめき今回のピックアップ俳優
        
        小栗旬


一応主役だという事と私の好みも兼ねまして・・

映画の中でのカクテルパフォーマンスのシーンがすごく素敵です1000861_02.jpg

相当練習を積んだものと思われます。
ストリートパフォーマーの役なのでジャグリングもマチャアキ並!?
等身大の感じがよく出ていて好感の持てる役どころでした。



よろしければぽちっとお願いしまするんるん
人気ブログランキングにほんブログ村 映画ブログへ



映画予告

posted by ぼちぼち at 11:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ウォーターズ
Excerpt: ウォーターズ 2006/03/11公開 監督:西村了 小栗旬 松尾敏伸 須賀貴匡 桐島優 平山広行 森本亮治 葛山信吾 なんだこのJUNONの目次みたいな出..
Weblog: お熱いのがお好き
Tracked: 2006-04-26 17:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。