2008年02月20日

コンフェッション

3564554434.jpg


ジャンル : サスペンス/ドラマ/コメディ
製作年 : 2002年
製作国 : アメリカ
時間 : 113分
公開日 : 2003/08/16
監督 : ジョージ・クルーニー
製作 : アンドリュー・ラザー
製作総指揮 :スティーヴン・ソダーバーグスティーヴン・エヴァンス
脚本 : チャーリー・カウフマン
原作 : チャック・バリス
撮影 : ニュートン・トーマス・サイジェル
音楽 : アレックス・ワーマン
出演 : サム・ロックウェルドリュー・バリモアジョージ・クルーニージュリア・ロバーツ

かわいい『コンフェッション』公式HP


《ストーリー》

1960年代、アメリカ。テレビ業界での成功を夢見るチャックは、
色々な番組企画を発案してテレビ局に売り込んだ。
しかし、いずれも採用されることはなく、やさしい恋人ペニーに慰められる日々が続く。
自信満々で持ち込んだ視聴者参加型テレビショーの企画も結局は
日の目を見ずに終わる。
失意のあまり、バーに入り浸るチャック。
ところがそんな時、彼の前に謎の男ジムが現われる。
ジムはチャックに近づくと、高い報酬と引き換えにある仕事を持ちかける。
それはCIA工作員となり合衆国にとって邪魔な人物を抹殺するというものだった…。



                              

評価  ★★★★★★☆☆☆☆



『コンフェッション』関連商品(詳細は画像&タイトルをクリック)

コンフェッション
コンフェッション

コンフェッション オリジナル・サウンド・トラック
コンフェッション オリジナル・サウンド・トラック

コンフェッション
コンフェッション


感想(ネタばれあり!?)はこちらから
posted by ぼちぼち at 14:20| Comment(47) | TrackBack(0) | 洋画か〜こ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

モーヴァン

large-photos04.jpg


ジャンル : ドラマ
製作年 : 2002年
製作国 : イギリス
時間 : 97分
公開日 : 2003/03/08
監督 : リン・ラムジー
製作 : ジョージ・フェイバー/チャールズ・パティンソン
製作総指揮 :レニー・クルックス/アンドラス・ハモリ
脚本 : リン・ラムジーリアナ・ドニーニ
原作 : アラン・ウォーナー
撮影 : アルウィン・H・カックラー
出演 : サマンサ・モートンキャスリーン・マクダーモット/レイフ・パトリッ ク・バーチェル/ダン・ケイダン



《ストーリー》

クリスマスの朝、恋人が自宅で自殺していた。
ウォークマンと彼が編集したミュージックテープは彼からの
最後のクリスマスプレゼント。彼の机の上。パソコンの中には遺書があった。
「僕の小説を出版してくれ。君のために書いた」。
彼の最後のメッセージを読んだモーヴァンは表紙の著者名をおもむろに
自分の名前に書き換え、出版社に送った。
床に転がったままの彼の死体。そして、モーヴァンのとった行動は…。

                              

評価  ★★★☆☆☆☆☆☆☆



『モーヴァン』関連商品(詳細は画像&タイトルをクリック)

モーヴァン
モーヴァン

モーヴァン
モーヴァン

モーヴァン (BOOK PLUS)
モーヴァン (BOOK PLUS)


感想(ネタばれあり!?)はこちらから
posted by ぼちぼち at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋画ま〜も | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

ブーベの恋人

ブーベの恋人 (トールケース)


ジャンル : ラブストーリー
製作年 : 1963年
製作国 : イタリア=フランス
時間 : 112分
公開日 : 1964/09/
監督 : ルイジ・コメンチーニ
製作 : フランコ・クリスタルディ
脚本 : ルイジ・コメンチーニ マルチェロ・フォンダート
原作 : カルロ・カッソーラ
撮影 : ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ
音楽 : カルロ・ルスティケリ
出演 : クラウディア・カルディナーレジョージ・チャキリスマルク・ミシェル/ダニー・パリス




《ストーリー》

1944年のある日、イタリアのある田舎町にあるマーラの家に、ブーベという青年が訪れた。
終戦になって、故郷に帰る途中、マーラの異父兄サンテの最期を報告するために
立ちよったのだった。
マーラの父親は、心からブーベを歓待したが、サンテを失った母親は、
何かしらブーベに対しても敵意を抱いていた。
翌朝、マーラに落下傘の絹をあたえて帰った。
その後数カ月ブーベとマーラの文通がつづき、冬になってから仲間と
運送屋をはじめることになったブーベがマーラを訪ねて来た。
彼はマーラの気持も確かめず父親から彼女との婚約の許しを得て帰ってしまった。
何カ月かたったある日、突然ブーベがマーラの家に来た。
ふとした事件に巻込まれ、憲兵の息子を射殺し、警察のお尋ね者に
なってしまったのだった。
ブーベはマーラを連れて故郷へ帰ったが、マーラは予期に反して汚いブーベの家や、
家族にがっかりした。
隠れ家にしていた紙工場の廃墟にも危険が迫り、仲間の計いで
国外に逃亡することになった。
ユーゴに逃亡したブーベからは長い間、便りがなかった。
マーラは父の家にいづらくなり、町の友達を訪ねてゆく決心をした。
やがて彼女にはステファノという真面目なボーイ・フレンドができた。
一年の月日が経った。
ブーベはユーゴ政府によって、イタリアに送還され、殺人犯として
裁判を待つことになった。
マーラはブーベが無罪になれば、自分もブーベから解放されると考え、
ブーベのために偽証しようと心に決めた。
だが、法廷で嘘がつけず、結局、ブーベは14年の判決をうけた。
マーラはやはリブーベの妻となることを決意し、それ以来、二週間ごとに
刑務所通いを続けるのであった。                               

評価  ★★★★★★★☆☆☆



『ブーベの恋人』関連商品(詳細は画像&タイトルをクリック)

ブーベの恋人 (トールケース)
ブーベの恋人 (トールケース)

ガラスの部屋~ヒロシが選ぶ哀愁のヨーロピアン・ミュージック~
ガラスの部屋~ヒロシが選ぶ哀愁のヨーロピアン・ミュージック~

ブーベの恋人
ブーベの恋人





感想(ネタばれあり!?)はこちらから
posted by ぼちぼち at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画は〜ほ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

チーム・バチスタの栄光




ジャンル : ミステリー/ドラマ
製作年 : 2008年
製作国 : 日本
時間 : 120分
公開日 : 2008/02/09
監督 : 中村義洋
プロデューサー : 佐倉寛二郎/山内章弘
エグゼクティブプロデューサー :間瀬泰宏
企画 : 市川南
脚本 : 斉藤ひろし蒔田光治
原作 : 海堂尊
撮影 : 佐々木原保志
音楽 : 佐藤直紀
出演 : 竹内結子阿部寛吉川晃司池内博之玉山鉄二
          井川遥田口浩正田中直樹佐野史郎

かわいい『チーム・バチスタの栄光』公式HP

かわいいその他関連HP
http://www.tsutaya.co.jp/cinema/sp/team-b/index.html
http://team-b.at.webry.info/
http://tkj.jp/batista/


《ストーリー》

東城大学付属病院では、難易度の高い心臓移植手術“バチスタ手術”の
専門集団「チームバチスタ」を作り、100%の確率で成功を収めていた。
ところが今、3例続けて術中死が発生している。
はたして患者たちの死は、事故なのか、殺人なのか?
内部調査の為、心療内科医師の田口があたる事となる。
外科は全くの素人である田口は、渋々にわか探偵を引き受けるが、
当然上手くいかない。
「単純な事故として報告を締め括ろうとした矢先、「あなたの報告書、感心しました。
こんなに騙されやすい人がいるとは!」と一刀両断する男が一人現れた。
厚生労働省の破天荒なキレモノ役人・白鳥だ。
「これは殺人だ、犯人はチーム・バチスタの7人の中にいる!」
田口と白鳥はコンビを組み、メンバーを調査することに…。
コミカルなやりとりの過程で浮かび上がってくる様々な人間関係。
エリート医師たちの思いが交錯する中、乾いた殺意が浮かび上がる・・・。

                              

評価  ★★★★★★☆☆☆☆



チーム・バチスタの栄光』関連商品(詳細は画像&タイトルをクリック)

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))

チーム・バチスタの栄光オリジナルサウンドトラック
チーム・バチスタの栄光オリジナルサウンドトラック



感想(ネタばれあり!?)はこちらから
posted by ぼちぼち at 12:15| Comment(0) | TrackBack(7) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。