2008年01月20日

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』ついに公開!!

映画『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』予告



ジャンル : 青春/バイオレンス
製作年 : 2007年
製作国 : 日本
時間 : 109分
公開日 : 2008/01/19
監督 : 北村拓司
脚本 : 小林弘利
原作 : 滝本竜彦
出演 : 市原隼人関めぐみ浅利陽介三浦春馬



《ストーリー》

寮生活をする高校生、山本陽介は自分の人生に漠然とした不安を感じていた。
バイク事故で死んだ親友の能登は自分とは全く違っていた。
能登のことを思い出す度、「自分も何かしなくては」と悶々としていた。
ある日の夕方、公園で何かを見上げる制服姿の美少女を見かける。
そこに、唸るチェーンソーを持った大男が現れた。
驚く陽介を尻目に少女は男にナイフを投げつけた。
少女、絵理は謎のチェーンソー男を倒そうと夜な夜な闘っていたのだ!


                              

位置情報三浦春馬の歌声が気になる度  ★★★★★★★★★☆
                              



引きこもり作家の滝本竜彦さんの原作を映画化したものだそうですが、
私、専ら雑誌専門で・・嶺小説全く読まない人なんです!!
おかげで文才ないないわーい(嬉しい顔)
まぁ〜、そんな訳で??内容全然知らないのですが!!
単純にキャスト目当てですぴかぴか(新しい)
『キャッチ・ア・ウェーブ』の頃からファンの三浦春馬くんが
出演しているものでハートたち(複数ハート)すみません、ミーハーで。

しかし・・ストーリーを読んでいると春馬くん演じる能登はバイク事故で
死んでいるどんっ(衝撃)
予告を観て亡くなるという事は知っていたのですが、最初から死んでいるのですか??
という事は回想シーンで出てくるのでしょうか!?

070920_nega_chain_sub3.jpg

私が楽しみにしているのが気になる度にも挙げましたが、
映画の中で"俺さまーズ"というバンドを組んで歌声を披露している事。
あとはワイヤーアクションかな・・
チェンソー男の正体も!!
ストーリーはよく分からないので観てからのお楽しみにしときます。


先日、後輩ととバーゲンに行った際に、後輩が抽選でレア物だという
ステッカーが当たったけどこんなのいらないとちょっぴりご立腹でした。
みんなで何これ!!って言ってたんですけど、さっき気付きました・・
あれはネガチェンのステッカーでした!!
きっと捨ててるだろうなぁ〜・・

映画チケットプレゼントに応募したけど、外れたみたいですもうやだ〜(悲しい顔)
お金払って観に行きますダッシュ(走り出すさま)


『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』関連商品(詳細は画像&タイトルをクリック)

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ (角川文庫)
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ (角川文庫)

ネガチェンコンピ ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ オフィシャル コンピ
ネガチェンコンピ ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ オフィシャル コンピ

BE FREE/涙空
BE FREE/涙空



かわいい『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』の関連ホームページはこちら
http://www.nega-chain.com/
http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=143




GReeeeNのPVでもネガチェンが観れますよ!!

GReeeeN - BE FREE (MOVIE ver.)




よろしければぽちっとお願いしまするんるん
人気ブログランキングにほんブログ村 映画ブログへ
posted by ぼちぼち at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

ホテル・ニューハンプシャー

hotel.bmp


ジャンル : ドラマ
製作年 : 1984年
製作国 : アメリカ
時間 : 109分
公開日 : 1986/07/
監督 : トニー・リチャードソン
製作 : ニール・ハートレイ
脚本 : テレンス・グロス
原作 : ジョン・アーヴィング
音楽 : レイモンド・レパード
出演 : ジョディ・フォスター ロブ・ロウボー・ブリッジス




《ストーリー》

数々の作品が映画化された、現代小説の鬼才ジョン・アーヴィング原作。
夢だったホテル経営を始めたベリー、念願の“ホテル・ニューハンプシャー”
のオーナーとして、愛する妻や5人の子供たちと共に歩み始める。
しかし、家族に降りかかる様々な災難と、経営不振から、ホテルを手放し
オーストラリアでの再出発を決意する。
その矢先、またも家族に悲劇が降りかかる・・・。
悲しいことばかりに見えるが、なぜか心が癒されるような
不思議な暖かみを持つ作品。


                              

評価  ★★★★★★★★☆☆



『ホテル・ニューハンプシャー』関連商品(詳細は画像&タイトルをクリック)

ホテル・ニューハンプシャー
ホテル・ニューハンプシャー

ホテル・ニューハンプシャー〈上〉
ホテル・ニューハンプシャー〈上〉

ホテル・ニューハンプシャー〈下〉
ホテル・ニューハンプシャー〈下〉


感想(ネタばれあり!?)はこちらから
posted by ぼちぼち at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画は〜ほ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

アメリカン・サイコ

2250013015.jpg


ジャンル : バイオレンス
製作年 : 2000年
製作国 : アメリカ
時間 : 102分
公開日 : 2001/05/03
監督 : メアリー・ハロン
製作 : エドワード・アール・プレスマン/クリス・ハンリー
製作総指揮 : マイケル・パサーネク/ジェフ・サックマン
脚本 : メアリー・ハロン
原作 : ブレット・イーストン・エリス
音楽 : ジョン・ケイル
出演 : クリスチャン・ベールウィレム・デフォージャレッド・レトクロエ・セヴィニー



《ストーリー》

ウォール街の一流企業に勤めるエリート・ビジネスマンのパトリック・ベイトマン。
彼は誰もがうらやむ高級マンションに住み、一流ファッションに身を包んで、
贅沢で完璧な生活を送っていた。
しかし彼の心の空白は満たされることはなかった。
友人ポールにつまらないライバル心を燃やし、憂さを晴らすために
夜の街で浮浪者を襲う。
ポールへの嫉妬が日に日に膨らみ、ある日、ついにベイトマンは
ポールを家に呼び、凶器を振りかざす…。

                              

評価  ★★★★☆☆☆☆☆☆



『アメリカン・サイコ』関連商品(詳細は画像&タイトルをクリック)

アメリカン・サイコ
アメリカン・サイコ

アメリカン・サイコ〜サントラ

アメリカン・サイコ〈上〉 (角川文庫)



感想(ネタばれあり!?)はこちらから
posted by ぼちぼち at 18:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画あ〜お | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

明けましておめでとうございます

先月一年ぶりに放置状態だったブログを復活させましたわーい(嬉しい顔)

今年もぼちぼちマイペースで更新していけたらなと思いますダッシュ(走り出すさま)

たくさんの映画を観て素敵な映画と出逢えますようにぴかぴか(新しい)

縁があって私のブログに来られた方コメント&トラバ
残してくれると嬉しいでするんるん

今年もよろしくお願いしま〜す。

pon.bmp
タグ:挨拶 新年
posted by ぼちぼち at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼちぼちより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルル・オン・ザ・ブリッジ

3684131542.jpg


ジャンル : ラブストーリー
製作年 : 1998年
製作国 : アメリカ
時間 : 104分
公開日 : 1998/12/19
監督 : ポール・オースター
製作 : ピーター・ニューマン
脚本 : ポール・オースター
出演 : ハーベイ・カイテルミラ・ソルヴィーノウィリアム・デフォージーナ・ガーション




《ストーリー》

ジャズ界では有名なサックス奏者イジーがクラブ演奏中に銃弾を胸に受けた。
片肺を無くしたため演奏が出来なくなり、絶望のどん底にあえいでいたが、
ある日、路上で頭を銃で撃ちぬかれている死体を見つける。
近くに置かれていた鞄を持ちかえったが、その中に不思議な石を発見する。
それは、暗闇の中で光り、空中に浮く不思議な石だった。
鞄の中にあったハンカチに書かれた名前のセリアを訪ね、一緒に石の不思議を
目の当たりにすると突然2人は惹かれあってしまう。
離れられない間柄になるが、セリアに新作映画のヒロインに選ばれロケ地に旅立ってから、
イジーは石を追っているヴァンホーに監禁される。                              

評価  ★★★☆☆☆☆☆☆☆



『ルル・オン・ザ・ブリッジ』関連商品(詳細は画像&タイトルをクリック)

ルル・オン・ザ・ブリッジ
ルル・オン・ザ・ブリッジ

ルル・オン・ザ・ブリッジ
ルル・オン・ザ・ブリッジ

ルル・オン・ザ・ブリッジ
ルル・オン・ザ・ブリッジ



感想(ネタばれあり!?)はこちらから
posted by ぼちぼち at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画ら〜ろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。